ダービーハットその後

この前の続きです。
あとは塗って乾かすを繰り返します。
厚く塗ればぬるほど重く、硬くなりますが、塗りすぎると帽子がきつくなるので注意します
ダービーハット
ダービーハット

私のお気に入りの重さはこんなところです。
帽子のつばにも塗ります。
ダービーハット

ただし、そのまま塗るとゴワゴワした感じになります。
というわけでゴムを水で薄めましょう。
「えっ、こんなに」というくらいに薄めます。
これもまた薄く塗って、乾かすを繰り返します。
多少質感が変わってしまうのは仕方ありません。
ダービーハット

内張りを貼り直します。
あとは汚れにくくするために防水スプレーをかけます。
ダービーハット

汚れた時は、このスエードクリーナーがおすすめです。
もう一度言います。このスエードクリーナーを強くおすすめします。
汚れが落ちるだけでなく、乾くと糊付けしたように固くなります。素晴らしい。
これで完成です。次回からこの帽子がデビューします。 まあ一年くらいは使えるでしょう。
最後に一言。これを見て自分もやってみようと思った方、最初はいらない帽子で試してください。必ず失敗します。
型くずれした帽子でやると、崩れた形のまま固定されます。
コツを掴んでから新しい帽子でやってみてください。
それでは。


コメント(3)

« »

コメント

  • 何を使って固くしたらできますか?

    2015年12月16日 5:51 PM | かな

  • 液体のりで内側にぬって硬くして、内側の布を戻して、防水スプレーをその布に?

    2015年12月16日 6:10 PM | かな

  • 液体ゴムですね。かってみます

    2015年12月16日 6:10 PM | かな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード